社会福祉法人フジ福祉会 名東保育園 | 地域子育て支援センターめいとう

社会福祉法人フジ福祉会

子育て支援センターめいとう

 

about 子育て支援センターめいとうからのお知らせ

 12月16日(金)10:00~・・・『ふたご・三つ子』の日

2022.11.30

11月は、2歳のふたごちゃんが遊びに来てくれました。活発になって来る年齢の子どもたちですが、公園に行くとそれぞれの興味の所へ・・・。「一人では大変。」とママ。皆さん共感!!でした。保育園の園庭でいっぱい動いてバイバイをしました。外遊びに出るのもおっくうになっているご家族もいらっしゃると思います。良い方法など交流できるといいですね。  12月に入ると冷え込んできますが、体と気持ちを温められるように…。支援センターでお待ちしています。


『ふたご・三つ子の会』の日以外でも、どんどん来てください。




10月の会は、以前『ふたご・三つ子の会』に来てくれていたママが、下のお子さんと一緒に参加! 成長と共に変わっていく子どもたちの姿や、保育園選びの事などの話で盛り上がっていましたよ!ふたごちゃん、みつごちゃんならではの悩み、生活のかなの困ることを先輩ママと共感できて良かったですね。誰でも子育て中は悩み、落ち込むことが毎日ありますよね。 話せる、聞ける場所があると元気がでますよ! 皆さん、待っています、お出でくださいね。




*予約をお願いします。(駐車の事などご相談ください)・・・当日でも大丈夫です。


 支援センター めいとう・・・052-701-2644


 

電話相談、 何でもどうぞ!  ・・・2022  ③

2022.03.22

やっと、


コロナウイルス感染症のまん延防止措置期間が終了になりました。


支援センターめいとう も予約をもとに戻し、5組づつの親子の方に来ていただけます。


電話相談は、引き続き変わりなくやっています。


「まだ、外へ出るのは…。」と心配をされている方は、電話で!


悩みを感じていなくても、誰かに話をするとスッキリできたり、答えが見つかったりすることもあります。


子育て中は、いい時も気持ちが浮かない時もあります。お母さん、お父さんの体と心の健康を大切にしてくださいね。



*来園の時は、親子共に(ご家族も)2~3日前からの体調チェックをお願いします。


2022 …② 3月6日に向けて


皆さんには、遊び場が制限されてご迷惑をおかけしています。

毎日を笑顔で過ごすように努力しているお母さん、お父さんたちが多いのでは。「私は、変わらない!」という方も、日常生活で気遣いしていることに慣れただけで、どこかに違和感を感じて生活をしているかと思います。

小さい子のいる家庭は、せめて生活リズムを一定にして健康を保ちたいものです。毎日、いつもの公園に出かけ帰りには○○をして、帰ってからおやつタイム・・・。小さい子どもたちには、ルーティーンが大切です。大人は、同じことと思いがちですが、同じ道でも違う発見をしています。『同じ』が子どもたちの安心感を育てます。大人も、子どもたちの『新鮮な発見』を一緒に楽しめると、ストレスが減って行くかもしれないですね。

お困りのことがあれば、お尋ねください!

 

 



2022 …① 2月14日までは


コロナウイルス感染が猛威を振るっています。抗えない部分もありますが、部屋の換気、手洗い、うがい、の対策の基本

とともに、良く寝・良く食べ・笑う生活を心がけたいものです。・・・ママもパパも子どもたちを守って頑張ってますよね!

時には、「ちょっと疲れてきた・・・。」と思うこともあるかと思います。「話がしたい!」「聞いてほしい!」など感じたら

是非、お電話ください。外であまり声を出せない今、だからこそ 電話でもいいのでおしゃべりをしてください。

お待ちしています。



②予約してない時にセンターの前を通ったら・・・


ふらっと、お立ち寄りください! 予約して・・・と思うと迷われる方も多いですが、門の前を通った時はぜひ中に入ってみてくださいね。  お待ちしています!

 

 

 

2021年度  ①「(子どもが)何か月からいけますか?」のお問合せに…。

最近、支援室に『小さい赤ちゃん』…2カ月~4カ月…が、遊びに来てくれます。お兄ちゃん、お姉ちゃんと一緒の子も多く、生まれた時から賑やかな環境に慣れている子が多いですが、「初めて家から出ました。」の子だもたちもいます。そんな赤ちゃんでも、1∼2歳の子どもたちの声が聞こえると、つぶらな瞳でジーっと見つめ、驚くことなく手足をバタバタさせて喜んですごしてくれます。”ちょっと前のわが子”の姿に、周りのママたちが『かわいいわ~!』声をかけてくれます(勿論、ソーシャルディスタンスをとりつつ)。

「こんな時が、あったね。」「つい、1年前?」と話が弾んだり、あらためて成長した子どもたちを確認できたり、日常の反省も?・・・。5~6カ月で始まることが多い人見知りも、ママのそばを離れない10か月~1歳前半頃でも、ママを眠らせてくれない時期の子も『ちょっと先に経験しているママ』と話すことで、ホッとできる時間を』持てるかな、と思っています。

電話での相談は大歓迎ですが、センターにちょっと寄っていただくだけで、気持ちが楽になることもあるかと。

今は予約制ですが、『立ち寄り』も👌ですよ。お買い物の帰りに覗いてみてくださいね。

 

⑤ 冷たい北風で冷え込む日が続き、外に出ることがおっくうになっていませんか? ♪こ~ども風の子 ジジババ火の子♬…わらべうたがありますが、冷え込みが緩むと子どもたちは、外へ外へ…大人をせかします。家の中が嫌になると、困ることをわざわざやって怒られるパターンが出てきます。皆さんのお家は大丈夫ですか。「怒ってばっかり…」とママが思った時は、声を出す!「あはははは!」と大きな口を開けて言ってみる。続けて言うと本当におかしくなってきます。気分が変わります。突然で、子どもたちが驚いても、続けていれば一緒にマネして笑いますよ! ママとパパしか笑う顔を見せ、声を聴かせることができない!  お試しを!

・・・参考『笑いヨガ』

それでも気分が晴れないママは、センターに電話をくださいね。いつでもお待ちしています!

 

 

 

④ 最近、姉弟のいる家庭のママからの相談があります。「朝の支度で遅くなると、『ちゃんとできるでしょ。』『早くやって。幼稚園に遅れるでしょ。』・・・怒ってばかりで。どうしてなの、って思ってしまいます。」と。下の子が小さいと手がかかり、お兄ちゃん、お姉ちゃんに要求したくなりますね。でも「まだ、3才」「やっと4才」の上の子どもたちは、毎日やっていても『いつもできるわけではない』事も多いのが3~4才です。話を聞いているだけで、ママたちは答えを自分で出していけます。「…やっぱり上の子に謝ったほうがいいのかな」と。

悩んでいるわけではないけれど、ちょっと心に引っかかることがありますよね。思ったその時に、誰かに話せればスッキリするようなことは多いことかと。 電話でも、センターに来た時でも、お気軽に声をかけお話しください。

 

 

 

 

子育て支援室に遊びにいらっしゃいませんか?

地域子育て支援センターめいとうは、お母さんの意見を取り入れたサークル活動や未就園児向けの行事を行っています。また、子育ての悩みを担当保育士と話したり、時にはお母さん同士話し合う場を設けたりしています。皆さんが楽しく子育てできるよう応援します。

利用時間帯
(月〜金曜日)
10:00〜15:30の間、いつでも遊びに来て頂けます。
11:00〜12:00は園庭を開放しています。
 

子育て支援室めいとうで行われていること

子育てホットタイム

年齢別に分かれ、絵本の読み聞かせ、わらべうたあそび、てあそび、親子ふれあいあそび、子育てのワンポイントアドバイスを行います。
各年齢ごとのスケジュールはHP、支援センターたよりをご覧ください。


子育て相談

子育て支援センター開設時間において、電話、面接にて担当保育士、看護師が子育て相談に応じます。

  • 専門スタッフによる子育て相談も行っています

    中西 由里先生(椙山女学園大学 人間関係学科・発達臨床心理学教授)

    木曜日(11:00〜12:00)お電話にてご予約ください。

 

イベント・講座

行事にきてね  餅つき、節分など参加していただける行事があります。
児童館であそぼう  年3回、名東児童館にて遊びの広場を開催します。
子育て講座  健康や離乳食など子育てに役立つ講座を開催します。
特別企画  プロの講師による「体育あそび」「エクササイズ」「ダンス」などの講座を行います。
マタニティママの育児体験  第1子妊娠中の方が対象です。

※スケジュールはHP、支援センターたよりをご覧ください。

 
  • お問合せ
    • 地域子育て支援センターめいとう(名東保育園)
      名古屋市名東区高間町135

お問合せ

地域子育て支援センターめいとう(名東保育園)
名古屋市名東区高間町135